APN設定

【画像付】3分でわかるソフトバンクからのLINEモバイルAPN設定方法

ソフトバンクのAPN設定方法

こちらのページではソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える方のためにAPN設定方法を掲載しています。

また、既にLINEモバイルをお使いの方でもドコモ回線からソフトバンク回線へ乗り換える場合も同じ方法でAPN設定ができます。

このページでわかること

3分でわかるソフトバンクからのLINEモバイルAPN設定方法

APN設定とは?なぜ必要?

APNとはAccess Point Nameの略で格安スマホの利用を始める際に必ず行わなければいけない設定です。

新しいSIMカードを挿しただけではスマホがどこの会社の回線に繋げばいいか分からないため、「ソフトバンクではなくてLINEモバイルの回線を使うよ」という設定をしてあげる必要があるのです。

イメージとしてはWifiに繋ぐときにWifiネットワーク名を選んで接続する流れと同じです。

また、このAPN設定は一度行えば端末や回線を変更しない限り二度とする必要は有りません。

iPhoneのAPN設定方法

Wifi環境を準備しておく

iPhoneを使用している方に限りWifi環境が必要となります。

APN設定にインストール作業が必要である為です。

自宅で無線LANを飛ばしていたりポケットwifiを使っている人はそれらを利用し、利用できない人は公共施設などのWifiを利用しましょう。

身近な場所だと、カフェ(スターバックス、ドトール、タリーズ等)や大手コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)でWifiを使えます。

ソフトバンクユーザーだった方はiPhoneを使っている方が多いと思いますのでまずはWifi環境を準備しましょう。

iPhoneの電源を落とす

SIMカード入れ替え時には必ず本体の電源を落としてください。

電源を入れたままシムカードを抜くのは通常の操作では無いので、不具合が起きてしまったり最悪の場合データが飛んでしまう可能性があります。

iPhone電源

SIMカードを入れ替える

 

1.まずはLINEモバイルのSIMカードを用意します。

(台紙から綺麗に抜き取ってください)

ホコリなどはそんなに気にする必要は無いと思いますが、SIMカードを汚すのだけは防ぎましょう笑

2.iPhoneのSIMカードトレーを抜き出す

ソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンクのシムカードが入っていますのでまずはソフトバンクシムを抜く作業に入ります。

スマホ本体

iPhoneのSIMカードトレーは本体右側面にあります。

iPhone側面

付属のピンをこの小さな穴に挿してトレーを「パカッ」と開けましょう。

iPhoneカードトレイ

意外と強く押さないと出てきません。

付属のピンはiPhone本体を買った時に箱の中に入っているものです。もし無くした方は安全ピンやクリップ等で代用できますが本体が傷ついてしまう可能性もあるので心配な方はAmazonなどで専用のピンを購入するのがオススメです。

シムカードトレイが出てきたらソフトバンクのシムカードを入れ替えてトレイを戻しましょう。

APN構成プロファイルをインストールする

Wifiに接続し、APN構成プロファイルをインストールします。

インストールするにはSafariを開き、次のアドレスにアクセスします。

するとLINEモバイルAPNをインストールできる画面になるので「インストール」をタップします。

ここでiPhoneにパスコードを設定している場合はパスコードが要求されるので解除しましょう。

最後にもう一度インストールの確認が出てくるので「インストール」をタップします。

インストールを選択し、完了

 

これでiPhoneの場合のAPN設定は完了となります、お疲れ様でした。

AndroidのAPN設定方法

ソフトバンクからの乗り換えの場合、Androidを使っている方はあまり多く無いかもしれません。

ソフトバンクのAndroidを使っている方は、続きをご覧ください。

Androidの場合はWifiは不要!

AndroidのAPN設定はiPhoneと違ってWifi通信環境を必要としません。

端末の設定画面からLINEモバイルのAPNを追加できますので、自宅にWifiが無い場合でも作業を進めることができます。

Androidの電源を落とす

SIMカードの入れ替え作業の前には必ずAndroid端末の電源をオフにして下さい。

電源を入れたままSIMカードの抜き差しをすると故障その他トラブルの原因となります。最悪のケースでは端末のデータが消えてしまう可能性もありますので必ず電源はオフにしておきましょう。

 

SIMカードを入れ替える

1.はじめにLINEモバイルのSIMカードを準備しましょう。

郵送されてきたものは台紙にくっついているので綺麗にくり抜いてあげてください。

2.SIMカードを取り出す

ソフトバンクから乗り換える方は現在、本体にソフトバンクのSIMカードが入っていますのでソフトバンクSIMを抜き出すところから始めましょう。

AndroidのSIMカードの取り出し方法は機種・メーカーによって異なります。

種類が非常に多岐に渡るので全ての把握はできていませんが主に次の二通りに分けられます。

裏面カバーを外し、バッテリーと一緒にSIMカード挿し込み口があるパターン

バッテリーを外さないとSIMカードトレイが見えない機種もあります。

本体側面のカバーを外してSIMカードを取り出すパターン

トレイを爪で引っ張るor「カチッ」とSIMカードを押すとトレイが出てくると思います。

ピンを使ってトレイを取り出すパターン

iPhoneと同じように専用のピンを使って取り出すパターンです。

(画像はHuawei端末)

Huawei1 Huawei2

ソフトバンクのシムの代わりに、新しいSIMカードを入れてカバーを元に戻しましょう。

 

APN設定を行う

最後にAPN設定を行います。

「設定」画面を開きます。

次に「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」を選びます。

※機種によって文言に差があります。

「アクセスポイント」を選び、「新しいAPNを追加する」に進みましょう。

※こちらも機種によって文言に差があります。

アクセスポイントの編集画面に移りますので下記の通りアクセスポイントを設定します。

名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP

入力が完了したら「保存」を押して、APN一覧から先ほど新しく設定したLINEモバイルという名前のAPNを選択しましょう。

 

以上でAndroidのAPN設定は終了となります。

※上手く通信されていない場合は本体を再起動しましょう。

 

今回はソフトバンクから乗り換える場合のAPNについて解説しました。

ソフトバンクからの乗り換え方法の全まとめ版も掲載していますので、合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
ソフトバンクからLINEモバイル乗り換え全手順
【保存版】SoftbankからLINEモバイルへの乗り換え(MNP)全手順と注意点LINEモバイルでついにSoftbank回線が始まりましたね。 SoftbankユーザーにとってSNS使い放題の格安SIMであるL...