LINEモバイル

【徹底解説】LINEモバイルを選ぶメリットとは?他の格安SIMとの違いを解説

LINEモバイルを選ぶメリットってなに?

中学校からずっと使い続けたDocomoを卒業し、LINEモバイルに乗り換えてから早3年が経ちました。

なぜ私が数多くある格安SIMの中から選んだかと言いますと「LINEモバイル独自のメリット」があるからに他なりません。

そこで今回は、実体験も踏まえた上でLINEモバイルのメリットを解説して行きます。

 

SNSの利用がデータ無制限!

LINEモバイルの一番のメリットがこのSNSカウントフリーですね!(私も非常に助かっています。)

※現在は「カウントフリー」→「データフリー」に名称変更されています。

月々のデータ容量に「LINE・Twitter・Facebook・Instgram」はカウントされません。通信容量は消費されない無い上に、速度制限に入った後も速度制限無しで利用できます。

これは本当に大きなメリットです。現在の格安SIMの中で同じ水準のサービスを提供しているのはDMMモバイルの「SNSフリーオプション」のみですが最安提供はLINEモバイルとなっています。

格安SIMってある程度データ容量を小さくする場合(5GBぐらい?)が多いのですが、そのなかでSNSの通信使用量って非常に大きいですよね。

Instgramなんかほぼ全て画像なので通信量が凄いことになります。

しかし何より助かるのは「ライン電話も気にせず使える!」点です。

友人・家族との電話はライン電話にかなり移行されていると思いますが、通常はライン電話で通信されてしまいますので容量制限がある方はデータ残量を気にしながらラインを使わないといけません。

そうなると速度制限にSNSとLINE電話をビクビクしながら使うことになってしまいますのでこのSNSフリー機能はユーザーにとって非常に嬉しいメリットとなっております。

テザリングをしてもSNSカウントフリー!

LINEモバイルのメリットの1つとしてテザリングを利用することができます。

他の格安SIMではテザリングはオプションとなっており別料金が掛かったりしますが

ラインモバイルでは無料でテザリングオプションを使用できます。

※テザリングとは・・・スマホをwifiルーターのように使用し、タブレットやPCでもインターネットが使える機能です。つまり外出先でもスマホの回線を使ってPCや他機器でインターネットを楽しむことができます。

なんと驚きなのはテザリングを利用した端末もSNSデータフリー(カウントフリー)となるのです。

PCやタブレットを持ち歩いている方はラインモバイルのスマホさえあれば、外出先でどこでもPCでネットに接続ができ、SNSは速度制限無しという破格の機能となっています。

 

使い切れなかったデータ容量は翌月に繰越できる

これは他の会社でもよくあるサービスですが使い切れなかったデータ容量は繰越ができます。自分がどれくらい通信するか不安という方にはメリットになるかと思います。

ですがLINEモバイルの場合、裏技が存在します。

それは「初月は最大の通信容量を契約にしておき、次月に持ち越したまま契約を変更する」というワザです。

これはLINEモバイルの「初月無料」というメリットを生かした方法で、無料のうちに最大の容量を確保しておきデータ容量を繰り越したまま自分の最適なプランに変更することで無料で容量が確保できて非常にお得ですよ。

LINEポイントが勝手に貯まっていく

LINEモバイルでは利用料金の1%が勝手にLINEポイントとして還元される点もメリットの1つです。

LINEポイントは1pt = ¥1として利用することができ、ラインアプリ内から確認することができます。

おそらくクレジットカード払いの方が多いと思うのですが、クレジットカードの還元に加えてLINEポイントの還元も二重で受けることができるようになります。

ラインポイントの使用用途はというとamazonギフトなどの金券やLINEコインに変えてスタンプや着せ替えを購入できます。

月額料金が数千円と元々が安いのでポイントが貯まるスピードは遅いですが、

ラインスタンプを購入するときに「あれ?ラインポイント交換すれば買えるじゃん」となるのは非常に気分が良くなります♪地味に嬉しいメリットですよ〜

初めの1ヶ月間は基本料金が無料!

LINEモバイルのキャンペーンは非常にわかりやすく「とりあえず1ヶ月無料です!」という内容になっています笑

乗り換えの場合、違約金が発生している方もいらっしゃると思うので初期費用が安く上がるのは良いメリットだと思います。

対象は全プランとなっており、最大で¥3,520が無料となります。

他の会社だと「1年間で¥〇〇お得!なキャンペーン」という形が多く長期利用が前提になっており、申し込みに気合いが必要になっています。

そんな中、LINEモバイルの「とりあえず1ヶ月無料!」というのは分かりやすいですね。

 

エントリーコードを使えば事務手数料無料

LINEモバイルでは「基本料金が1ヶ月無料」というキャンペーンが展開されていますが

基本料金とは別に初期費用として登録事務手数料3,000円がかかります。

ですが、この手数料も無料になる申し込み方法が存在します。

それは「エントリーコードを利用したウェブ申し込み」です。

エントリーコードさえ取得すれば¥3,000が¥0となります。

入手方法は「ビックカメラの店頭などで購入」or「Amazonでの購入」の2つとなります。

「エントリーパッケージ」という名前で販売されていますのでそれを購入して申し込みをしましょう。

店頭でゲットした場合は、その後ウェブサイトで申し込みを進めないとエントリーコードは適用できません。

また、注意点として他のキャンペーンとの併用ができないので期間限定のキャンペーンが展開されておりそちらの方がお得な場合はエントリーパッケージを使うメリットはなくなるので使用しないほうが良いでしょう。

 

大手携帯会社と比べ音声通話が半額

LINEモバイルでは音声通話料金にもメリットがあり、大手キャリアの半額で利用できます。

具体的にはDocomo等では20円/30秒のところが10円/30秒と音声通話においてもメリットがあります。

電話を利用する際には、初期インストールされている電話アプリではなく

「いつでも電話」という通話アプリをインストールする必要があります。

(使い方は普通の電話と全く同じです。)

また、オプションサービスとして「10分以外の通話なら何回でも掛け放題」となるプランも用意されています。このプランは月額¥880となっています。

今はほとんどの方がラインで電話してしまうのでは?と思っていますので音声通話料金のメリットは薄いかもしれませんが、、、たまに音声通話が必要な場面があると思いますので安いに越したことはありませんね。

LINEでの年齢認証&ID検索ができる

これはLINEモバイルならではのメリットですね。

ラインでの年齢認証ができないとどうなるのかというと

「ラインでのID検索→友達追加」ができません。

ラインで友達追加をするときはID検索でサクッと追加できるのですが、

年齢認証をしていない場合はQRコードを出して読み取ってもらうという作業が必要になります。

IDだけ教えて「あとで追加しといて〜」と言えたりするのでID検索での友達追加ができないと以外に不便な場面が多いですよ